tryはSwiftのエラーハンドリングの仕組みです。本来は以下のように記述します。

do {
    try エラーが発生する可能性のある処理
} catch エラータイプ {
    エラーが発生したときに行う処理
}

エラーとはファイルの書き込みに失敗するなどで、処理を継続することが不可能になるような場合です。 エラーを発生させる可能性があるメソッドかどうかはそのメソッドの実装次第となります。

ただし、エラーはtry!と記述することで無視することもできます。 エラーが起きる可能性がほとんど無いと言える場合は無視してしまいます。

try!と記述して無視していますが実際にエラーが起きると実行中アプリが強制終了します。

Previous Post Next Post